リフォームのコツやかかる費用はどれくらい?よくある疑問解決について詳しく紹介

リフォームでは免税・補助金制度を活用できる

長く住んでいる住宅の老巧化が進んでいる、子育てしやすい住まいに改修したいなどの理由でリフォームを検討する際に費用の工面が大きな問題になりますが、免税措置や補助金制度を活用すればその分だけ負担が軽くなります。
特に、補助金については国の長期優良住宅化リフォーム推進事業だけでなく、ほとんどの自治体が環境性能の向上やバリアフリー化などきめ細かい制度を設けており、国の制度では認められなくとも自治体の方で制度化している例もありますので、これらを活用しない手はありません。
しかし、補助金情報の把握には工事業者により差があるだけでなく、自治体ごとに補助対象が異なりますのでリフォーム計画の打ち合わせと併せてどんな補助金を利用できるか十分確認しないと、自己負担額に数十万円以上の単位で差が出ることもありますので注意が必要です。
なお、工事開始は補助金申請後になりますので工事期間の設定や仮住まいの期間及びその費用についても考えておく必要があります。

住宅のリフォームで重視されている省エネ性のアップ

近年のリフォームでは、省エネ性を重視する工事が増えました。
たとえばトイレなら節水機能がついた便器に交換し水道代を節約したり、お風呂も節水シャワーヘッドに交換したり給湯器をエコジョーズにしたり、浴槽や壁の断熱性を高めて暖かさを保つようにしています。
電気に水道、ガスを使うキッチンも同じように省エネ性を重視して、リフォームをするケースは増加しています。
もちろんリフォームで人気の水回りだけではなく、建物に直接関わる工事でもエネルギー性能は重視されるようになりました。
外壁や屋根の塗装では断熱性能が高い塗料を使用したりして、機能性をアップさせています。
太陽光発電システムを取り付けオール電化にするなど、エネルギーを自給自足する仕組みも大人気です。
効率良くエネルギーを使うことができれば、地球の環境を守るだけではなくお財布にも優しいです。
家計を預かる主婦にとっても嬉しいメリットなので、今後もリフォームでは重視されていくでしょう。

リフォームに関する情報サイト
リフォームでお悩み解決

何となく家の中がガタついてきたなと、20年30年目くらいから家に対しての注文が多く出てくるような気がします。最初はあんなにピカピカだった台所回りも、毎月の家事の動線で床のシートはさえなくなりパッとしません。デザイン的にも新しいものがよくなり、これはひとまずリフォームを頭に置かなければいけないなと感じつつあります。家を建てるくらいではないにしても内装を新しくするのだから内装の新築と言っても過言ではありません。

Search